ペナルティの種類と説明

上記でも触れましたが、Googleにはペナルティと呼ばれるものがあり、アフィリエイトサイトやブログを運営している人間からすれば絶対に避けたいものです。
収入に関わるので、ペナルティを受けたら早期解除をしなければなりません。
解除しないと検索エンジンの順位が急激に落ちたり、検索に引っ掛からなくなったりしますし、インデックスが削除されてしまいます。

これは厄介な問題ですが、その原因は悪質なサイトからの外部リンクなどが集まっていたりと、Googleが定めるガイドラインに違反している事が主な原因です。
ペナルティには「自動ペナルティ」と「手動ペナルティ」の二種類があります。

まず、自動ペナルティですが、検索エンジンのアルゴリズムにて自動的に課されます。
被リンクやコピーコンテンツのペナルティがこれにあたります。
サーチコンソールへの通知が一切ない為、突然アクセスが激減するなど、そこで初めて気付くケースが大半なので非常に厄介です。

もし、突然アクセス数などが激減するような事があれば、調べてみなければなりません。
アルゴリズムが変更された事によるものか、どちらかをガイドラインでチェックして判断しましょう。

どこが違反したか原因が見つかったら、その部分を削除するか修正しサイト改善を図ります。
その後はひたすら待つしかありません。
自動の方は再審査をリクエストしても意味がない為です。
一定期間待ち、順位が上がらないようであれば、また違うサイト改善を行いましょう。

次に手動ペナルティです。
Googleのサーチクオリティチームがサイトをチェックし、違反していると判断したところに課します。
違反の度合いが高い場合に行われ、自動よりも重い違反の為、インデックスは高確率で削除されてしまいます。
ですが、手動の場合はサイトの修正と再審査リクエストで確実に復活させる事が可能です。

サーチコンソールのメッセージに警告通知が届きます。
警告の種類はサイトへの不自然なリンクやサイトからの不自然なリンク、質の低いコンテンツや悪質なスパムなどです。
被リンクはサーチコンソールで調べられ、リンク否認まで行えます。
リンク否認を行う事で、悪い被リンクを取り除く事が出来ます。

解除するには、こちらも原因となった部分を修正し、専用フォームから再審査リクエストを送る事になります。
リクエストを送ると、早ければ数日、遅ければ数週間以内に返信メッセージが届きます。
早ければ数日の期間で解除する事が出来るでしょう。
自動よりも早期解決が見込めますが、最悪の場合は全く解除されないという事もあります。

関連記事
  • 中古ドメインのデメリット 上記では中古ドメインのメリットを書きましたが、勿論、デメリットも存在します。 中古のドメインにはメリ... 2019年03月27日
  • パソコンを使っている男性
    中古ドメインのメリット ドメインとはインターネット上の住所であり、中古ドメインとはその言葉通り中古の独自ドメインを指します。... 2019年03月08日
  • スマホを見ている男性
    アクセス数が激減している理由 Googleアップデートにより医療・健康サイトは厳しい状況にあります。 Googleがアルゴリズムの... 2019年02月17日
  • パソコンを使う男性
    実際にアフィリエイトをしてみよう アフィリエイトをするにあたって、まずはアフィリエイト広告を貼る場所を用意しましょう。 人気がある媒体... 2019年01月16日
  • 内部リンクと外部リンクの説明 SEOにおける内部リンクとは、自分のページ内を行き交うリンクの事をいいます。 例えば、トップページか... 2019年04月15日