中古ドメインのメリット

パソコンを使っている男性

ドメインとはインターネット上の住所であり、中古ドメインとはその言葉通り中古の独自ドメインを指します。
誰が使ったかわからないドメインを使うのにメリットがあるのかと気味悪く思うかもしれませんが、中古のドメインには沢山のメリットが詰まっています。
それは、SEO効果があるかもしれないからです。
SEO効果を期待する理由は、良いドメインを購入する事で以前のドメインパワーを引き継ぐ事が出来るからです。

例えば、1つのドメインを10年間使用していたとします。
ドメインエイジが高ければ様々なサイトからリンクされている場合が考えられます。
被リンク数が多いと訪れる読者も多くなります。
また、検索エンジンからコンテンツ作りによって、前のサイトが高いドメインオーソリティを受けていた可能性もありえます。

検索エンジンが上位に掲載してくれていれば、サイトにおけるアクセス数が多くなり、アクセス数が多くなれば売上げも多くなります。
まとめると、ドメインパワーとドメインオーソリティ、ドメインエイジが高い中古のドメインを購入する事が出来れば、黙っていても最初から読者がついているという事になります。

中古ドメインの場合、状況はGoogleの検索エンジンに記憶されていて、長く運用していると検索エンジンにインデックスされるスピードも速まります。
これは、インデックスまでの必要な処理を短縮する事からなのだそうです。
新規ドメインは1カ月~3カ月程度、エイジングフィルターがかかり、ドメインが認識されない事があります。
ですが、中古ドメインは既に被リンク数がどれくらいかなどを記憶・認識されているので、エイジングフィルターが掛かる事なく、前のドメインの評価のままです。

中古の良ドメインを購入したお陰で、最初から検索も上位であったり、リンク数も多かったなどの恩恵を受けても、その後の運営によってはアクセス数が落ちてしまったり、上位から落ちてしまったりという事も起こります。
SEO効果を長く生かせなければ意味がありません。

内容の薄いコンテンツであれば、前の良サイトだった頃の読者は姿を消すでしょう。
Googleアップデートがあり、厳しいアルゴリズム調整があればジャンルを生き残れないかもしれません。
正しい知識がなければ、Googleからの評価が落ちる可能性だってあります。

中古ドメインは有料ですし、決して安い買い物ではないです。
それを生かせるよう、購入してからの努力も必須です。

また、中古ドメインが買える販売屋は多数存在しているのですが、なかにはペナルティが付いたものやスパムドメインなどを販売しているところもあります。
そのため、中古ドメインを販売屋で買う場合には、返品や返金などの保証が付いているようなちゃんとした販売屋を選んで購入することが大切です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧