• ホーム
  • 内部リンクと外部リンクの説明

内部リンクと外部リンクの説明

SEOにおける内部リンクとは、自分のページ内を行き交うリンクの事をいいます。
例えば、トップページから他のコンテンツのメニューをクリック出来るようにする事も内部リンクです。
内部リンクは自分自身でコントロール出来るので、ユーザーや検索エンジンに最適化した構造にする事が理想的です。

検索エンジンのクローラーは、リンクを辿りながら情報をインデックス化していくので、クローラーが巡回しやすいような構造に最適化する事が重要になってきます。
サイトの評価を上げたり、検索順位を上げたりと非常に流入が期待出来る対策です。

次に外部リンクですが、他のサイトからのリンクの事をいいます。
誰かのサイトやブログで紹介される事など、反応を集めたりする事がこれに含まれます。
他人からの評価の良い情報が載っている事が不可欠です。
つまるところ、外部のリンクを集めるところは良質であると判断されるので、検索上位に上がります。
SEO対策ではこちらの外部リンクの方が重要な要素となっています。

ですが、無闇に沢山の外部のリンクを増やせばいい訳ではありません。
簡単な言葉に言い換えれば、良い外部リンクと悪い外部リンクが存在し、そこに注意する必要があります。
自然で関連性の高いリンクであれば良いリンク先なのですが、順位操作を目的とした悪影響を及ぼすリンクですと悪いリンクになってしまいます。

悪い外部リンクが多い危険性として、ペナルティを受けてしまう可能性がある事です。
低品質なサイトは自動生成されたコンテンツの事で、大抵は読み物として成立していません。
関連したキーワードを含んだ文章を大量に生成します。
特定のキーワードを乱用し、不自然な文章でおかしいところが目立ちます。

自然で質の良く、ユーザーのニーズに応えているコンテンツを持つリンクが良い外部リンクとなっています。
ペナルティのリスクがない、質の良いと判断されたリンクを獲得する事が大切です。
その為には自分のサイトの質を上げ、評価されるようページ内のコンテンツを充実させ、何度も巡回して丁寧に作り上げていくのがいいでしょう。

内部リンクと外部リンクの違いについてまとめると、内部リンクはページ内を行き来する為のリンクであり、自分でコントロールする事が出来ます。
外部リンクはその名の通り、外部から、他サイトからのリンクになるので自分でコントロールする事は出来ません。
ですが、検索エンジンなどからの評価に関わり、SEO対策として非常に重要なリンクです。

関連記事
  • パソコンを持っている男性
    そのやり方、間違っていませんか 初めてのアフィリエイトだと、まだ慣れていないせいで間違った方法をしてしまい「稼げない」というミスにつ... 2019年01月30日
  • パソコンを使う男性
    実際にアフィリエイトをしてみよう アフィリエイトをするにあたって、まずはアフィリエイト広告を貼る場所を用意しましょう。 人気がある媒体... 2019年01月16日
  • 中古ドメインのデメリット 上記では中古ドメインのメリットを書きましたが、勿論、デメリットも存在します。 中古のドメインにはメリ... 2019年03月27日
  • スマホを見ている男性
    アクセス数が激減している理由 Googleアップデートにより医療・健康サイトは厳しい状況にあります。 Googleがアルゴリズムの... 2019年02月17日
  • パソコンを使っている男性
    中古ドメインのメリット ドメインとはインターネット上の住所であり、中古ドメインとはその言葉通り中古の独自ドメインを指します。... 2019年03月08日
サイト内検索
人気記事一覧